HOME | 取り扱い資材 | 有機炭素水「ステルス」

有機炭素水「ステルス」

 

<有機炭素水の特徴と利用について>

 
・低温で豆類などを炭化した単価微粒子が軟性炭素と呼ばれて製品化されていますが、450度以下の
 低温度で、ほぼ真空あるいは窒素雰囲気で仮焼した有機物(製法特許取得済)は多様な、しかも有意義な特徴を有しており、今後それらを「有機炭素」と呼称する事とします。
 

〇新炭素の特徴

(物理分野)
①超微細粒である
 新炭素を粉砕機にかけると限りなく細粒になっていく。
②塵爆発を起こさない
 1㎥の容器に100~2,000gまで新炭素を噴霧し点火しても、一切粉塵爆発は起こさなかった。
③熱吸収性が高い
 この新炭素は高い熱吸収性を持っている事を明らかにした。
④熱伝導性が高い
 この新炭素は4.7k以上の熱伝導性を有している。
⑤電気を通さない絶縁体である
 一般の炭素は電気を通すが、この新炭素は電気を通さない。
⑥熱量は高い
 この新炭素は自身では燃焼しないが、高い熱量を保有し、他の燃料の補助燃料として高いカロリーを放出する。
 
(生化学分野)
①生物に安全
 日本食品分析センターによる分析で、生物に対して安全と判定されている。
②タンパク質の加熱下での活性化保持
 この新炭素を添加したタンパク質は、加熱してもタンパク質の活性化が失われない事が実証された。
③アンモニアの消臭
 この新炭素のアンモニア消臭力は100%であり、アンモニア臭を完全に消す結果が得られている。
④土壌還元力が強い
 この新炭素は、酸性土壌を中和する強い還元力を保有している事を実証した。
⑤生物の生育促進、免疫力を高める
 この炭素の水溶液を散布する事で野菜の生育やイチゴの糖度が20~25%上昇した。
 

<技術の発掘と実用化にむけて>

 
①消臭効果
・有機炭素と天然水を原料に、人が飲んでも、ペットが飲んでも安全・安心という特徴を持つ。主として
ペット向けだが、靴・ブーツ・冷蔵庫・下駄箱・ゴミ箱・トイレ・タバコ臭の消臭にも使える。
②農業用として
・畜舎へスプレー散布し、また家畜の飲み水に使用し、糞尿集を根本的に取り除く。
・切り花の延命剤
・もやし栽培の生育日数を短くすることで年間の製造回転数を上げる事が可能。
・ハウス内側に散布する事で、害虫の忌避効果を。またマルチに炭素水を散布し害虫を寄せ付けない。
・植物の生育材として散布。
・水と油の親和性。油性ペンキが炭素水で溶かせる。
・池の水が炭素水で腐らない。
・水田に使用すると酸素の供給により粘りが高まり、多収性となる。
・六韜にも効果大。
・水耕栽培への使用
③そのほか
・メガネのクリーニングに
・テーブルの油汚れに
・お風呂の鏡に水垢やせっけん垢の付着を容易に剥がす
・ガラス拭きに使用するとその汚れはたちどころに落とすことが出来る
・車のウィンドウォッシャー液に使用。油膜がきれいに落ちる。