HOME | 取り扱い資材 | 造園業向けコケはがし

●ウメノキゴケ被害に効果抜群

日本では、一部の地方を除き平地ではありふれた地衣類である。比較的乾燥した場所に
生育しやすい。主として樹皮につき、名前(ウメノキゴケ)通り、ウメにもよくみられる。
他の樹皮にもよくみられる他に岩の上に生えることもあり、石垣などにもみられる。

●使用方法

1 幹・枝・葉に200倍液を散布
2 1ヶ月後に200倍液を散布
3 さらに1ヶ月後200倍液散布
4 彩葉コートと併用して散布してください。
 
※つつじ・さつきは散布後半年程度で自然に剥がれ落ちますが、桜・梅・松等の木肌が滑らかででない樹木は半年後に動噴スプレーでウメノキゴケを落としてください。
 

 


   コケはがし 1L

使用事例

<笠間市つつじ公園>

 
 
コケはがし散布
数ヶ月後

<伊勢神宮>